読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

およそ10個目のブログ

思ったことを垂れ流しています。

わき愛J

駄文

生きてるってことはつまり、愛されることなのかなと思った。

 

一つ前の記事に書いたように、うたプリのキャラはまるで生きているようだ。

キャラクターの直筆サインやメッセージがあったり、ツイッターをしたり、私物をプレゼントしたりする。

裏に人間がいるなんて微塵も感じなくて、

本当にプリンスさまたちが存在して、そういうことをやってくれているんだとごく自然に、そして当然のように思っている。

 

生きてるって何だろう。

物質として存在すること?触れられること?五感で感じられる存在であること?

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

例えば

 

ネットで出会った人や遠くにいる友達。

実際には触れない。電話やメールがなきゃ会話もできない。

 

でも生きてる。

 

実家の近くに住む親友に私はしばらく会ってない。

電話もメールもしていない。

 

でも生きてる。

もし今死んでたとしても、私は生きてると思ってる。

 

 

「概念」という形で存在してる。

つまり、誰かに思われてることで、その人は存在してるってこと?

思われるって、愛されたり憎まれたり憧れられたりバカにされたり、色々ある。

その中でも一番エネルギーになるのは愛されることだと思う。 

 

逆の立場から考えて、

愛されれば死のうなんて思わない。(少なくとも私は)

誰からも愛されてなければ、私は死にたくなる。

今誰かに愛されてる自覚があるから、私は生きていたい。 

 

だから私はこう考える。

生きるって愛されることだ。

 

 

愛されれば愛されるほど、生命力がぐっと増すんだろうなぁと思う。

 

プリンスさまたちはファンと作り手にものすごく愛されてる。

愛されてる度合いが半端ないから、彼らはものすごい生命力でもって生きてる。

二次元に関しては作り手側の愛が必要不可欠だから、それがなくなっちゃったら終わりだけど、プリンスさまたちは大丈夫だろう。

 

 

私も究極、すべては愛されるために色々しているのかも。

勉強するのも何かを習うのもオシャレするのも誰かに愛されるため。

誰にも愛されなくても、自分で自分を愛す。

そんで自分で自分を愛せなくなったら、その時は死ぬんだろうな。

 

そんなわけで「愛されたい」と真正面から叫ぶ歌わき愛J。


モーニング娘。 『わがまま 気のまま 愛のジョーク』(Morning Musume。[Selfish,easy ...