およそ10個目のブログ

思ったことを垂れ流しています。

過剰な自信は事故の元。

私はここ数年自分を好きになるために、「自分に自信をもつ」を目標に生きてきた。

 

自分を過小評価していることで、いざというとき100%の力を出せないと思うことが多々あった。

また、何か大きな成功を手にしても「自分の実力じゃなくて運だ」と考えてしまうため私の中に何も蓄積されなかった。

 

この過小評価から抜け出すためにも、自信というものは本当に大事なものだと思う。

できると思って挑むことと、できないと思って挑むこと。

前者の方がいい結果を生む確率が高いなんてわかっている。

どうして後者を選ぶかといえば、失敗した時のダメージを和らげることができるから。

結局自己保身なのです。わが身可愛さ。傷つくのが怖い。

 

 そんな感覚を振り払い、我武者羅に、これから私がやることに対してはすべてできると思って挑んでみようと思ってここ数年生きてた。そうすれば成功体験も増え、自分を好きになれると思った、

      の、

   ですが、

 

結論:自信をもつことでストレスが溜まることの方が多い。

 

ということがわかった(私の場合。)

=====================================================

 自信をもつことでストレスが溜まることの方が多い。

自信を持つことで最大のパワーを発揮するのは,、作業のファーストステップにおいてだと思う。

「できるという自信」を持っていれば最初からノーブレーキ、全力全開で挑める。私はそれを求めて自信を持ってみた。

しかし上手くいかない。

何故なら私は、最初は必ずうまく行かないタイプ、初期ヘタレ型だから。

 

私は勉強とか運動とか芸術とか、大体平均以上の数値を出す。

でもそれはある程度のスパンがあるからで、ファーストステップの結果だけを見ればどれも平均よりかなり下。

【失敗する→恥ずかしくて死にそう→二度と間違えるものか→成長→平均点以上】

という人生を歩み続けてきたのであった。

 

そう、最初は必ず失敗するのだ。でも、結果だけ見れば割といい成績。

総合的に見れば上位=上位という優越=プライドが積み上げられていく。

しかし大抵の物事は大抵最初に失敗する。あれれ私のようなエリートができないだと?→いらん傷が増えて自信喪失。

 

最初の失敗はトラウマとして残り、この後どれだけ成功しても「いやでも最初に結構でかい失敗してますから…」という無駄な卑下発言を必ずしてしまうのだ。

最初に大きな傷が残るとずっと根に持って自信が持てなくなる。

 

実際、英語がそれ。多分人並かそれ以上にはできるけど、大学での英語の授業で全く喋れなくて半泣きになって以来、英語への苦手意識が半端ない。

どれだけ英会話を練習しても、チェコで通じても、ネイティブと話せても、コールセンターで英語対応成功しても、今でも苦手。

==============================================

初期ヘタレ型とプライドの高さが組み合わさった人間が根拠のない自信を携え、初めてのことに挑戦し、更に失敗すると精神的ダメージが半端ない。

 

となると、初めからやることなすこと自信を持つということは私には逆効果なのではないかと思う。

冒頭で「できないと思う」ことはただの自己防衛と書いたけど、私のような初期ヘタレ型は最初の自信の設定値が低いと、ちょっと成功しただけで

「あ、私意外とできるんだ…」という成功体験ポイントが微量ながら蓄積されていく。

きっとそっちの方が自分を好きになれる気がするのだ。

 

==============================================

自信を持てることは1つか2つでいい。

 

だから私は、すべてに自信をもつことはやめた。

その代わり、1つか2つだけ、誰にでも胸を張って自慢できるものを持つことにした。

それしかない。それしか自信を持ってできます!!と言えることがない。

 

でも、それだけで生きていけるのだ。

その1つか2つの自信の軸を頑丈にすれば、生きていけるのだ。

 

そういう考えにしたら大分楽になれた気がする。

 

自信をもつこと=良とされている。

高校でも「根拠のない自信は大切」だと言われた。

でも、根拠のない自信を根拠のあるものにするのはとても大変だし、世の中できないことの方が多い。それに根拠のない自信で生きてるとただの自惚れくそ野郎になってしまう。

 

自分と相性が合わない人間に対して初めから「好きだよ♡」なんて言って、裏切られまくったらストレス溜まるに決まっているのだ。

だから私は大抵のことに対して自信を持つことはやめようと思う。

そのほうが、私らしくいられるし、私を好きになれる気がする。

================================================= 

 自分を好きになることは、自分を知ることとイコールな気がする。

自分をどんな人間か知って、受け入れたり許す。

それだけで自分を好きになれる。

できるできないの自信とかは結構関係のない話で、そこを関連付けてしまったのがいけなかったのかな。

 

 ・・・・と、初めてのことばかりで失敗かましまくっているのに無駄に自信だけは持って挑んだため現実と理想が乖離しまくり落ち込んでいた新入社員は思うのでした。