およそ10個目のブログ

思ったことを垂れ流しています。

最近みた映画

64(前後編)

日々ロック

夜のピクニック

有頂天ホテル(途中)

家族の映画(チェコ

ラブ&マネー(スロバキア

武士の献立

予告犯

ソロモンの偽証(後編)

渇き

 

なんだか最近よく映画を見る

(スカパー無料期間のおかげです…)

 

EUフィルムデイズまだまだやってるし、

ラトビアハンガリーのを見に行けたらいいな〜。

 

今日みたスロバキアのラブ&マネーはわかりやすい話で見やすい恋愛映画だった。

マチョ、トマーシュ、ヴェロニカ。

トマーシュとずっと悪やってたマチョが、頑張り屋さんのヴェロニカに出会い、悪から足を抜けようもがく話。

クズはどこまでもクズだし(トマーシュ)、良い子はどこまでも良い子だし(ヴェロニカ)。

で、クズと良い子の間にいる人間(マチョ)は…どうなるの?(話の本筋はそこじゃない)

 

マチョはヴェロニカに自分の仕事隠して嘘つくし、挙句間接的に?ヴェロニカのママ殺しちゃうし、ヴェロニカ散々だよほんと。優しすぎる〜。

 

好きになった人が前科持ちだと知ったら私は許せるかな、許せないだろうな、

でもこの映画のヴェロニカのように、誰か許す存在がいないとその人は変わるきっかけすら得られないんだよな。

 

人を信じるというのは本当に怖いことだけど、もしマチョとヴェロニカのような恋に落ちれたら信じてみたいな〜と思った。